うさぎが好きすぎるからWebデザイナーになった話をします

どうしてWebの世界に入ったのですか?とよくたずねられます。

ひとことでまとめると「うさぎが好きすぎてWebデザイナーになった」のですが、きっかけは20代のおわり頃。

私はひとり暮らしがちょっとさみしくなって、うさぎを飼いはじめました。
ひとり暮らしなのに動物を飼うことにとても勇気がいりましたが、人生で5位以内に入る良い選択をしたと思っています。

仕事が楽しくなかった日でも、私が帰ったら可愛いおめめで「おかえり」とじぃっと見つめてくれるふわふわの毛に包まれたこのうさぎ「アレックス」を溺愛していました。

その影響で、部屋にはうさぎの柄のものや雑貨があふれるようになりました。

そのころ。勤めていた会社の業績が悪くなり、70名ほどいたスタッフが解散することになりました。ひとつの会社で事務職をゆるくやってきたスキルも学歴もない30歳に市場で価値などありませんでした。いま現在、人の就職活動を何百と見ている立場から振り返れば自己PRのできる特技はたくさんあったのですが、そういった情報整理やPR力さえもなかったのです。

はじめて「自分の武器のなさ」に直面し、私の自信はどこまでも失墜しました。

そんなどんよりした私を癒やし続けてくれたうさぎとうさぎ雑貨たち。
うさぎ雑貨に対するアンテナはかなり感度良好で、売れそうなものには鼻が利きました。そして次第に、「うさぎの雑貨を売って生計立てられたらめちゃくちゃ幸せなんじゃないかなぁ」と考えはじめました。
その頃、Web系の仕事を少しやってた女性が同じ職場にいて「Webデザインという職業があるよ」というのを教えてもらったのがことの始まりです。

そして職業訓練に通い始めた当時31歳。
職業訓練を終えたらECサイトを立ち上げて細々とやっていく希望を抱きつつ、梅田の「創造社デザイン専門学校」の職業訓練校に3ヶ月間通うこととなったのです(現 創造社リカレントスクール)

ECサイトに必要なことを全く知らない無知な私でしたが、職業訓練を無事に終えました。
当面のスキルではECサイトでの独立開業が現実的でないことは理解し、就職の道を探しました。

そこからも紆余曲折はありますが、なんだかんだで今Webデザイナーになりました(ご縁があって創造社の講師もしています)
この一連のWebへの道ををひとことで表すと「うさぎが好きすぎるから」となりました。

Webデザイナーを目指す方には「Webが好きだからWebデザイナーになる」以外にもWebデザイナーになる理由を持っていて欲しいと思います。そのうちWebデザインの作業部分なんてAIがほとんどやってくれるようになりそうです。その時にAIに仕事を取られるのではなく仕事を任せられるポジションでいるには「Webがすきだから」だけだと不安なのではないかと思っています。
ぜひ、好きなこととWebの2本の柱をしっかり持っていてください。

うさぎのアレックスは8歳になる前日に悪性腫瘍でお月さまに旅立ちましたが、いっぱい愛を注いで、たくさん癒やしをもらって、本当に素晴らしい8年間でした。

好きなこと ✕ Webデザイン もっと拡げていきたい!

いつか、うさぎのいる事務所もいいな、、、なんてことも思っています(彼らはケーブルをかじっていくので危険ですがw)

お読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる